デスノート2016のストーリーを公開!夜神月は再登場する? | ジャパンポップカルチャー最前線

Sponsored Link

デスノート2016のストーリーを公開!夜神月は再登場する?

デスノート2016のキャストは誰?公式サイトの赤いリンゴは誰が持つ?

デスノート2016のキャストは誰?公式サイトの赤いリンゴは誰が持つ?



2003年12月から2006年5月集英社「週刊少年ジャンプ」にて、
連載していたデスノート(DEATH NOTE)
死神がこの世に落とした1冊のノート。
そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ。
そのノートを使って新世界の神になろうとする夜神月
そして世界一の名探偵L
そんな2人の頭脳戦、心理戦が大人気となり、
コミックの国内発行部数は累計3,000万部を記録。
社会現象にまでなりました。

2006年には実写化もされこちらも記録的ヒットを生み、
興行収入で80億円を記録しました。
そんなデスノートの実写化映画の最新作が2016年に公開されます。

前作から10年経っていますが、
藤原竜也演じる夜神月と松山ケンイチ演じるLが、
迫真の演技だった事、そしてストーリーも面白かったことから、
続編が気になるという方も多いみたいです。
いよいよキャストも決まって、進行を見せている事もあり、
段々と盛り上がりを見せている様です。

今回はそんなデスノート2016について
「公開日はいつ?」
「キャストは誰?」
「どんなストーリーになるの?」
「夜神月復活?」
について紹介したいと思います。

Sponsored Link

■映画デスノート2016の公開日はいつ?

前作のデスノートは夜神月とLとの頭脳戦が繰り広げられました!

前作のデスノートは夜神月とLとの頭脳戦が繰り広げられました!



前回の実写化デスノート映画の公開は2006年6月17日。
今から10年前になるわけですね。
そして5ヶ月後の2006年11月3日には
続編のデスノート the Last nameが公開されました。

公開から9年後の昨年2015年、
7月5日から9月13日まで日テレ系の日曜ドラマ枠で放映されました。
ドラマは全11回で、こちらも賛否両論ありましたが、
中々の人気を博しました。

そしてこのテレビドラマの最終回直後、
映画最新作デスノート2016の公開が発表されました。
最新作の登場人物は公開はされなかったものの、
前回映画の登場人物である、
藤原竜也さんや松山ケンイチさんが映像に登場し、
6冊ルール”や”夜神月、復活”、”Lの後継者
等気になるワードが登場。
2016年に最新作が出ることが発表されました。

前作の映画はキャストがぴったりで、
結末も納得のいく終わり方だったこと。
そしてドラマも人気を博した事から、
デスノート2016の公開日を気にする方も多いようです。

そんなデスノート2016の公開日はいつになるのでしょう。
映画の公式サイト上では、
2016年3月現在「Autumn Roadshow」となっている事から、
秋公開は確実ですね。
前回の続編公開が11月でしたから、
もしかしたら前作に合わせて11月3日公開なんてことも、
あるかもしれませんね。

ジャンプ本誌や日本テレビでも、
発売日が近づくと更に告知があると思いますので、
ファンの皆さんはお見逃し無い様注意しましょう。

■デスノート2016のキャストが公開!

デスノート2016のキャストが全員ではない様ですが、
すでに公開されたようです。
まずは物語の鍵を握る3人のゲストから紹介します。

*本作主人公!”三島役”東出昌大さん!

デスノート対策本部捜査官を演じる東出昌大さん!

デスノート対策本部捜査官を演じる東出昌大さん!



東出昌大さんはデスノートの
対策本部に所属する捜査官、三島を演じます。
公式サイトではこの三島が主人公になっています。
公式サイトでは、三島という人物は、
以前(10年前)のキラ事件及び、
当時の捜査官のリーダーで夜神月の父でもある総一郎の資料を調べ、
夜神月を分析。なんと“デスノートヲタク”と呼ばれる位、
事件にもノートにも精通している様です。

“もともと原作世代なので、前作の映画も観ていたし、
その10年後を演じる意義やプレッシャーも感じますが、
きっと池松くん、菅田くんと共演できたからこその
物語になっていると思います。”
と語っている事から、不安も大きかったようです。
『寄生獣』『クローズEXPLODE』で高めた、
シリアスさ、過激さを活かすシーンも、
デスノート2016にはきっとあると思うので、
東出昌大さんには期待が高まりますね!

*Lの後継者”竜崎役”は池松壮亮さん!

Lの正当な後継者を継ぐ竜崎役の池松壮亮さん!リクルートポイントCMにも出演

Lの正当な後継者を継ぐ竜崎役の池松壮亮さん!リクルートポイントCMにも出演



池松壮亮さんはあのLの正当な後継者である、
竜崎“を演じます。
デスノート対策本部捜査官である三島と共に
デスノートを追う世界一の探偵です。
ちなみに面白いのが、彼の設定。
なんとLが死ぬ前に残した遺伝子から生まれている(?)そう。
一体どういう事なのでしょうか。
10年という期間での成長を考えると、
クローンの様なイメージですかね。

池松壮亮さんも、
“松山さんの作り出した歴史に残るLという
凄いキャラクターを継承しつつ、
やるからにははるかに凌駕するつもりで頑張ります。
駄目だったらネットで叩いて下さい。”
とコメントしている事から、やっぱり世間の目が気になるようです。
ちなみに池松壮亮さんどこかで見た事あると思ったら、
あのリクルートポイントのCMで、走っているランナーでした。
どんな探偵を演じてくれるのか楽しみです。

*キラ復活を望む”紫苑優輝役”は菅田将暉さん!

サイバーテロを起こす紫苑演じる、菅田将暉さん!グラブルファンタジーCMでもお馴染みです!

サイバーテロを起こす紫苑演じる、菅田将暉さん!グラブルファンタジーCMでもお馴染みです!



auのCMの鬼ちゃんで有名な菅田将暉さんは、
今回はキラ寄りの役を演じるみたいです。
演じるのは紫苑優輝というサイバーテロリスト
ずば抜けたハッキング能力を使い、
三島、竜崎と対決をすることになります。

紫苑がキラ寄りの思想を持った理由は、
自分の家族がある犯罪者に殺され、
奇跡的に自分だけが生き残ります。
そんな犯人を裁いてくれたのが他ならぬ夜神月(キラ)。
キラを神と崇め、キラウイルスという、
コンピュータウイルスを生み出す様です。
紫苑がキラ寄りの思想を持つ様になったのは、
前作のミサの設定と同じですね。

菅田将暉さん自身は、
“原作の夜神月とLの戦いから繋がる後半の物語も
僕は大好きなので、そこに登場するメロとニアの
トリッキーなキャラクターに現代っ子感を少し足したイメージです。
演じる上で日々本当に自問自答していますが、
前作を凌駕する作品になればと思っています。”
と、中々自信あるコメントをしています。
シリアスな演技から、auやグラブルファンタジー
のCMでみせるようなコミカルな演技まで。
その幅が映画できっと生かされると思います。

*デスノ―トを所有する”青山役”はあの川栄李奈

デスノート所有者を演じる川栄李奈さん!演技に注目です.

デスノート所有者を演じる川栄李奈さん!演技に注目です.



現在公式サイト上で、上記3人以外に出演が紹介されているのが、
元AKB48川栄李奈さん!
デスノート所有者である青山さくらを演じます。
好奇心旺盛な性格でフードを被った姿の写真が公開されています。
彼女にどんな秘密が隠されているのか、楽しみですね。

川栄李奈さん本人は
“こういう役はやったことがなかったので、
すごくやってみたかったし、
今回新しい挑戦をさせていただいて、
とても嬉しいです”
と語っている事から、普段の川栄李奈さんのイメージとは、
ことなる性格と予想できそうですね。
好奇心旺盛の中に、怖さがあるような役でしょうか。
デスノートをどうやって使うのかが見ものです。

その他キャストは今後続々公開!?

元キラ対策本部捜査官松田は誰が演じる?

元キラ対策本部捜査官松田は誰が演じる?



ちなみに現時点で分かっている事は、
あの原作でも登場した
松田(松田桃太)も出演する事が、
分かっています。
ドジで抜けている印象が強い人物ですが、
デスノート2016では、
10年前の事を直接知る人物として、
物語に登場をするようです。
ちなみに、テレビドラマで松田役を演じていたのは、
前田公輝さん。
そのイケメンぶりで人気を博しました。

その他まだまだ謎は多く、
そもそもデスノートも6冊登場するようなので、
デスノートの所有者もきっと登場すると思います。

今後のキャスト情報も目が離せません!

■デスノート2016はどんなストーリーになるのか?

2015年のドラマ直後の予告に、
気になるワードがたくさんちりばめられていた為、
そのストーリーも気になる方がたくさんいるようです。

そんな気になるデスノート2016の
ストーリーですが、現時点で気になるのは、
・主人公三島はキラなのか?
・他のデスノート所有者は?
・どんな死神が登場する?
という3点でしょうか。ここからは仮説ですが、
少し深堀りしましょう。

*舞台は2006年公開のデスノートの10年後

前作デスノートから10年後が新作映画の舞台です!

前作デスノートから10年後が新作映画の舞台です!



前作で壮絶な頭脳戦を繰り広げた夜神月とL
そんな2人は、戦いの最後タイミングこそ違えど、
命を落としました。
今回のお話はそれから10年後の世界を描いています。

iphoneが発売されたのが、2007年ですからね。
実際の世の中はiphoneだけでなく、
とくにwebの技術が飛躍的に進化しました。
今回の映画でも
キラウイルス」というコンピューターウイルス
が出てくるらしいですからね。

アナログなデスノートと
デジタルなコンピューターとのコラボレーションが、
見ものになるかもしれません。

*デスノートの再来!リュークの再登場

デスノート2016にリュークは再登場する?

デスノート2016にリュークは再登場する?



デスノート2016の舞台となる2016年の現代は、
ある死神が再び地上にデスノートを落とした事で、
ある日突然理由もなく無く人々が次々と死ぬ、
そんな恐怖にまみれた時代になっていました。

“再び地上にデスノートを落とした”
という表現が、公式サイトにも登場することから、
おそらくリュークが登場すると見て、間違いなさそうです。
「人間っておもしれ~」というように、
おそらく死神の世界に飽きて再び、
人間世界を巻き込んだ事件の起こす様です。

その他の死神も登場するのでしょうか?
デスノートの原作では、
前回の映画でも登場した死神、
レムやジェラス以外でも12人の死神がいますからね。
これらの死神のどれかが、
登場する可能性もありそうですね。
原作ファンの方も必見ですよ!

*デスノート対策本部と6冊のデスノート

前作の映画で登場した、夜神総一郎を筆頭とした、
キラ対策本部は
デスノート対策本部」となって存在しています。
もちろん当時所属していた、夜神月も死んでおり、
新メンバーによって対策本部は機能しています。

デスノート対策本部の目的は、
デスノートをを発見して確保すること。
対策本部の所属の主人公捜査官
三島創(みしま つくる)」は、
竜崎(りゅうざき)」と名乗るLの後継者と出会います。
この時竜崎は地球上にある
6冊のデスノートの存在を明かし、
三島達と合同で捜査を始めます。

原作ではリュークにデスノートを利用されてしまった死神シドウ!今回のデスノートはどの死神のもの?

原作ではリュークにデスノートを利用されてしまった死神シドウ!今回のデスノートはどの死神のもの?



6冊のデスノートはきっと死神の世界で
入手したものだと予想されます。
原作でも登場するリューク以外の死神のノートが、
何らかの形で利用されたと思われます。

原作ではリュークがシドウと呼ばれる他の死神のノートを、
死神大王と言われる死神で一番偉い存在を騙して、
入手していました。
今回も誰かからだまし取ったノートなのでしょうか?
あくまでも仮説ですが、
さすがに6冊ともなると騙し撮ったのではなく、
他の死神とグルになって、
暇つぶしに力を注いでいるかもしれません。
リューク1人とは考えにくいと思っています。

*キラウイルスと紫苑の存在

キラウイルスの正体はコンピュータウイルス!

キラウイルスの正体はコンピュータウイルス!



デスノート対策本部の三島達と、
Lの正当な後継者竜崎が合同でデスノートを追う中、
webを介して現世を傍観していた
若者「紫苑優輝(しえん ゆうき)」は行動を開始。
地球全体に”キラウィルス”と呼ばれる
コンピュータウィルスを拡散。世界は大混乱に陥ります。

“キラウィルス”に感染したコンピュータは、
あるメッセージが表示されます。
それは「デスノート所有者に次ぐ 速やかに私に差し出せ」
というメッセージでした。
紫苑はデスノートを手に入れようとしている様です。

夜神月は復活する!?

2015年のドラマデスノート最終回直後の、
デスノート2016の予告映像の中で
夜神月 復活“という文字が出ていた事から、
最新作の映画に夜神月(藤原竜也さん)が
登場するのでは無いか?と気にされる方が多い様です。

気になる予告動画はこちら↓


“夜神月 復活”という言葉だけだと、
色々な捉え方ができ、
例えば、夜神月の意思を継ぐ者が登場することも、
夜神月の意思や考えが復活した=”夜神月 復活”
とすることもできるかもしれません。

個人的には夜神月には、登場してもらいたいと思います。
あの強烈なキャラクターあってこその、
デスノートの世界観があると思っています。
あくまでも仮説に過ぎませんが、
例えばデスノート6冊を地上に落としたのは、
死神の世界にいた夜神月と考えると面白いかもしれません。

デスノートを使った人間が天国や地獄に行けると思うな
というリュークの言葉。
映画や原作では、
死んだとしても「無」しかないという展開でした。
ただ、
“デスノートを使った人間は、
天国や地獄には行けないが、死神界にいける。”
という解釈は出来ないでしょうか?

もしかしたら、今回の事件の黒幕は夜神月かもしれません。

■まとめ

2015年にデスノート2016公開が発表されましたが、
世間ではキャストやストーリーへの期待が高まっている様です。
公開日は2016年秋の予定になっている為、
天変地異等が無い限り、公開日変更は考えにくそうです。

キャストは今を賑す若手俳優
東出昌大さん、池松壮亮さん、菅田将暉さん
他元AKB48の川栄李奈さんの出演も決まっていて、
まだまだ登場する様です。

ストーリーとしては、
リュークが再登場しそうな中、
他の死神や、夜神月の復活等があるかもしれません。

2016年秋公開のデスノート2016の全貌を
早く目撃したいですね。

Sponsored Link

Sponsored Link


もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ジャパンポップカルチャー最前線

この記事へのコメント

ジャパンポップカルチャー最前線 TOP » デスノート, 映画 » デスノート2016のストーリーを公開!夜神月は再登場する?