大曲花火2016年の日程は?a桟敷席をとる方法や見え方は? | ジャパンポップカルチャー最前線

Sponsored Link

大曲花火2016年の日程は?a桟敷席をとる方法や見え方は?

大曲花火のa桟敷席からはこう見える?

大曲花火のa桟敷席からはこう見える?



大曲花火の正式名称は「全国花火競技大会」といい、秋田県で行われる日本三大花火大会の一つです。
大曲花火は2016年は第90回をむかえ。秋田県大仙市大曲地区にある雄物川河川敷運動公園で例年1万5先発~2万発の花火が打ちあがります。もちろん夕方から始まる夜の部の花火も感動的ですが、昼間開催される昼の部も煙の描く軌跡が面白いです。
ちなみに日本国内では最も最上位に位置する大会と言われ、”内閣総理大臣賞”という賞があるのも特徴です。全国の花火師さん達はこの大会に出るべく日夜しのぎを削っているわけです。全国的な知名度もかなりある大会なので、なんと1日で80万人程度の観客が集まるそうです。あのコミケが3日間で50万人、秋田県の人口が100万人なので観客数の凄さがお分かりになるかと思います。
ここでは、大曲花火大会の開催日程や、花火見物に最適なa桟敷席の入手方法や見え方について調べてみました。
なお掲載情報は大会の都合により変更が生じる場合があります。あらかじめご了承ください。
Sponsored Link

大曲花火2016年の日程は?

大曲花火は、毎年8月の第4土曜日に開催されます。つまり2016年8月27日の土曜日に開催されます。2016年のお盆休みは、山の日から飛び石になれば「8月13日~8月16日(4連休)」であり、山の日から連続すれば「8月11日~8月16日(6連休)」となります。お盆明けの約10日後と覚えておけばいいかと思います。
2016年開催日程などの概要は下記となります。

【概要】

正式名称:第90回全国花火競技大会
日時:2016年8月27日(土)雨天決行で荒天の時は延期 ※延期日は問い合わせが必要
昼花火の部:17:30~、夜花火の部:18:50~
会場:秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園
※但し大会当日は大曲市内で車両通行止めや人出の影響で交通規制がある為、上記のようにならない事を予め念頭に置いておいてください。
人出:2015年は約72万人
打ち上げ花火の数:約1万8千発

【アクセス】


花火大会の当日は大曲地区はとにかく「人」が埋め尽くします。今年は「大曲の花火」に行こうという方は、とにかく歩く、待つという覚悟が必要です。まず車で行こうと考えられる方は、交通渋滞の影響がある為、花火大会当日の昼前には秋田県に入っておきましょう。でなければ会場に到着することもできません。また新幹線を使って行こうと考えられる方は、先の交通渋滞とそれに伴う規制があって、バスなどの公共交通機関は皆無ですので、とにかく歩いて下さい。また当サイトの編集長も数年前に花火大会に行きましたが、秋田の夏は決して涼しいものではありません。熱中症、日射病対策は万全にしていくことをお勧めします。

【電車】

・秋田新幹線停車駅のJR大曲駅から徒歩30分程度 ※混雑も無い場合

【車】

・秋田道大曲ICから車で10分程度 ※規制も渋滞もない場合

<<問い合わせ先>>

大曲商工会議所 電話:0187-62-1262
※駐車場については大仙市役所 電話:0187-63-1111

大曲花火2016年はどんな席から花火見物?

大曲花火2016はどんな席から見るのが良いの?

大曲花火2016はどんな席から見るのが良いの?



大曲花火は規模も大きいので、開催される雄物川河川敷運動公園で無料で見物も可能ですし、JR大曲駅から少し歩けば遠目で花火を見ることができます。大曲花火に行こうと考えられる方は、当日どんな風に見ようと考えていらっしゃるでしょうか?タダで見れるに越したことはないと考え、穴場スポットを探そうとお考えの方もいらっしゃるでしょうか?そんな方に大曲花火を経験した当サイト編集長はあえてお伝えします「お金払ってでも、やっぱり良い席で見ましょう」。お勧めする理由は以下3つの点です。注意しましょう。

1.交通費が無駄になるリスクをなくしましょう

大曲の花火に行こうと考えられる方は、花火が大好きという方が多いと思います。特に関東やそれよりも遠いエリアから行こうと考えられる方は、筋金入りと言っても良いでしょう。当日の期待も大きいに間違いありません。しかし行くのは土地勘が殆どない秋田県。ココだと良い場所を決めても実際に打ちあがるまでは見え方なんて分からないわけです。そしていざ本番を迎えたら「目の前の木や建物が邪魔で…」「風向きの関係で煙が邪魔して…」という事になりかねません。決して安くはない交通費を払って、当日は”人”だけ見に行ったようなものだった。このような無駄だけは避けましょう

2.頭の真上に上がって、腹にドンと響く臨場感が凄い

花火と言えば尺玉ですよね。とにかくあの大きさたるや夏の世に身震いしてしまいます。大曲の花火では有料席はそんな尺玉を真上に見上げる場所にあります、つまり観客は花火のほぼ真下にいる訳です。花火が開くと同時に炸裂音が聞こえる環境で腹に重く響きます。それが連続で聴こえれば何とも小気味よい不思議な感覚に襲われます。

3.炎天下の待ち時間が実は一番キツい

花火を見るために、早い時間帯に現地入りして、タダでとてもいい場所を見つけた。ここまで上手くいった方、実はこの後も要注意です。秋田と言えども8月の最高気温は30度近くに達します。そして照り付ける太陽。取った場所をキープする為に何時間も座り続けるのは本当に地獄です。その店有料席であればそのようなリスクは比較的低くなります。特にこの後紹介するa桟敷席等は、事前に場所が割り振られているので、大会時間ギリギリまで他の場所で厚さを凌ぐことも可能です。

大曲花火2016年a桟敷席ってどんな席?

大曲花火2016の桟敷席の概要はこちら!

大曲花火2016の桟敷席の概要はこちら!



ここまで大曲の花火は無料で見るのは避けた方が良いと紹介してきましたが、それでは有料席にはどんな種類のものがあるのでしょうか?2016年の大曲花火大会では大きく3つの席があります。「A席」「C席」「イス席」の3つになります。特に「A席」「C席」は桟敷席(さじきせき)と呼ばれて、その意味の通り、ほかの場所より高く盛って作ったり、斜面にできた見物席になり、もちろん料金も高いですが、その分花火の見え方は抜群です。それぞれ紹介します。

A桟敷席

1.8m×1.8mの正方形で区切られた席になります。畳2畳分の大きさですね。ちなみに定員は6名で23,000円になります。打ち上げ会場の雄物川を挟んだ最前列に設置されています。また地面から1~2m程盛ってあるのが特徴です。大曲の花火を見るに最高の席がココです。

C桟敷席

こちら雄物川の護岸、堤防の斜面に2m×2mの大きさで設けられた席になります。板で作られた簡易式の腰掛が上下2列に配置されています。定員は5名で15,000円になります。A桟敷席の後ろに配置されます。花火からは遠くなりますが、その分広さが確保されている訳ですね。値段も5人で行けば1人3,000円なので安い気もします。

●イス席

こちらA席のとなりの場所に設定されている席になります。1名席3,000円での発売になります。2,3名の参加であれば、A席、C席を取るにはお金がもったいないので、こちらのイス席を購入するのが良いかもしれません。

大曲花火2016年a桟敷席は抽選やオークションで手に入れる?

【抽選】

大曲花火の桟敷席は抽選方式です!

大曲花火の桟敷席は抽選方式です!



ここまで大曲の花火は有料でもいい席で見た方が良いとおススメしてまいりました。それではこのチケットですが、どうやって入手する方法があるのでしょうか?公式サイトで紹介されているのは、あくまでも「抽選」というやり方です。まずはこちらのやり方を紹介します。
①抽選申し込み
例年6月頃になると、ローソンチケットを利用した抽選販売が開始されます。抽選受付は電話とインターネットの2つの方法があります。専用ダイヤルか、専用ホームページを利用して6月の抽選販売受付日から2,3日の間に申し込みを完了させる必要があります。ただしこれで購入できるわけではありません、これはあくまで抽選受付となります。
②抽選&発表
抽選申し込みの1週間後位で発表があります。ここで当選していれば、メールなどで当選通知が届くイメージです。抽選の倍率10倍程度と言う情報もWEB上ではありました。当サイトの編集長も数年前に友人6人で申込みしましたがその時は2人分が当たりましたので、感覚的に全く当たらないわけではないと思います。
③キャンセルの二次販売
こちらは②で当選したけどキャンセルが発生した場合、7月頃に再販売があります。そんなキャンセルなんて発生するの?と思われた方。当サイト編集長も友達数人で抽選受付をして、a桟敷席が2つ当たって、1つキャンセルしました。つまりこんなパターンの方は結構いるはずなので、抽選に外れた方も是非諦めないでください。

抽選販売のメリットはなんと言っても、桟敷席が正価で購入できるという事。交通手段は自力で確保する必要がありますが、当日個人行動ができることもメリットですね。デメリットはやはり抽選という事でしょう。100%確保できないというのがもどかしい所です。

【ツアー】

「秋田県はあまり行かないし、どうやって行くのかもよく分からない」「どうせなら桟敷席も交通手段も確保できてしまう一石二鳥の方法はないか?」等と考えていらっしゃる方はツアーを申し込むのはどうでしょうか?JTB、クラブツーリズム、knt(近畿日本ツーリスト)等と言った旅行会社であれば、宿泊や交通費と桟敷席をセットにしたパックも販売している様です。※詳細かつ正確な情報は旅行サイトをご覧ください。メリットはとにかく手間なしな事。申し込んでお金入金をすればOKです。デメリットは少しツアー全体のコストが割高になる事。そして特にバスツアーとなるとかなり辛いです。特に帰りは県境まで続くと言われる渋滞に巻き込まれるケースもあるようで、ツアー内容も良く確認して購入しましょう。1泊2日で5万円台~あるようですので、興味ある方は探してみましょう。

【オークション】

このやり方はルール上では禁止されていたり、あまりお勧めできる方法ではないのですが、「とにかくいくらかけても良いから、桟敷席から見たい」という方がいましたら、過去ですとオークションで入手される方もいるようですので、あくまで自己責任となりますが、この方法を試すのはいかがでしょうか?チケットキャンプやヤフオク等で過去は出品されていたようですので、チケット抽選後の7,8月はこれらのサイトに出品される可能性があります。悪質な出品者に注意しましょう。また価格も数倍になっている事もしばしばあるのでくれぐれもご注意ください。

大曲花火2016年a桟敷席からの花火の見え方は?

大曲花火を桟敷席から見ると最高です!

大曲花火を桟敷席から見ると最高です!



最後に桟敷席からの花火の見え方はどうなのでしょう。実際に見た事のある当サイト編集長のあくまでも個人的な見解ですが、東京で開催される「隅田川花火」「多摩川花火」「足立区の花火」「江戸川区の花火」を近くで見た感じの10倍くらい凄いと思います。とにかく音もそうなのですが、数百メートルのナイアガラ、うち上がる花火の大きさ、花火の数とにかく桁外れです。しかし花火の凄さは画像や動画だとどうしても100%伝えきれないので、とにかく見てもらうのが一番です。

まとめ

大曲花火(全国花火競技大会)は、秋田県大仙市大曲地区で行われる日本の三大花火大会の一つで、日程は2016年8月27日に開催されます。当日主会場となる雄物川河川敷運動公園やその周辺は花火を見る人で埋め尽くされます。有料席であるa桟敷席、c桟敷席、イス席のチケットは、抽選、ツアー、オークションなど様々な手法がある様です。それぞれ良く調べて自分に合った購入方法がおすすめです。花火好きなら一度は行ってみることをお勧めします。

Sponsored Link

Sponsored Link


もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ジャパンポップカルチャー最前線

この記事へのコメント

ジャパンポップカルチャー最前線 TOP » イベント » 大曲花火2016年の日程は?a桟敷席をとる方法や見え方は?