横浜開港祭2016の花火の有料席チケットは?無料の場所取りは? | ジャパンポップカルチャー最前線

Sponsored Link

横浜開港祭2016の花火の有料席チケットは?無料の場所取りは?

夜景と花火綺麗です!

夜景と花火綺麗です!



夏の一つの楽しみといえば花火大会ですよね!
7月、8月よりも早く花火大会に行きたい方は横浜開港祭の花火大会
行ってみたらどうでしょうか。
横浜開港祭2016の
開催日やアクセス情報について
有料席のチケットについて
無料の場所取り方法について
などをまとめてみました!
Sponsored Link


■横浜開港祭2016花火の開催日/アクセス情報
■開催日
横浜開港祭2016は、
6月1日(水曜)・2日(木曜)の2日間です。
花火の打ち上げは、
6月2日の最終日です!
<時間>
20:20~20:50
打ち上げされる花火は約4000発なのでそんなに大規模ではないですが、
レーザーの光や音の演出も見ものです。
関東では一番早い花火大会なので毎年約70万人もの人が来ます。
<場所>
臨海パーク前会場上

<アクセス>

みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩5分。
メイン会場までも近いので駅からはすぐわかりそうです。
新高島駅から徒歩10分。
JR桜木町駅から徒歩15分

桜木町駅からは無料のシャトルバスも出でいるので桜木町駅の方が
アクセスしやすい方はおススメです!

メイン会場は込み合います!

メイン会場は込み合います!



■横浜開港祭2016花火の有料席チケット
<横浜開港祭2016花火はどんな席から花火見物?>
横浜開港祭の花火は規模も大きいので、開催される横浜開港祭花火では、
メインステージの前の芝生で無料で見物も可能です。ちなみに、
凄い人がいますので場所取りをしてもどれが自分たちのだか見失う可能性も高いです。
マジかで見られるというメリットはあります。

赤レンガ倉庫でからでも見れますが
ここも凄い人でごった返します。
当日どんな風に見ようと考えていらっしゃるでしょうか?タダで見れるに越したことはないと考え、穴場スポットを探そうとお考えの方もいらっしゃるでしょうか?

<無料の穴場スポット>
1.うち上がる場所を確認しないと、花火が見えない
無料で席を取る場合、ココだと良い場所を決めても実際に打ちあがるまでは見え方なんて分からないわけです。

■山下公園
ここでも花火は見えますが、
木が多いので、
下側に花火が観れないのと場所取りの人達でごみごみしている。
カップルの方達が多いです。

■ぷかりさん橋
会場にもなっていますが、
花火がうち上がる前にテントが撤去されるので場所とりはされていないので、
撤去されるくらいに行くのがベストです。

■大桟橋
ここからなら綺麗に花火が観れます。

■野毛山公演
少し遠いので人ごみが少し軽減されるので
人ごみが苦手な方は良いかもしれないです。

■大黒埠頭
ここも離れた場所にあります。
横浜の夜景を見たりするのには最適な場所でもあります。
花火と夜景を両方見れるのでお勧めです!

光と花火のコラボもステキです!

光と花火のコラボもステキです!



<横浜開港祭2016花火の有料席てどんな席?>
穴場スポットも結構あるんですが、 それでもやはり有料席でゆっくり花火を見たい方もいるはず!その意味の通り、ほかの場所より高く盛って作ったり、斜面にできた見物席になり、もちろん料金も高いですが、その分花火の見え方は抜群です。それぞれ紹介します。

有料観覧席はチケットピアなどで購入できます。
だいたい4月の後半くらいから販売されるうようですので
4月に入ってから随時確認しておくと良いでしょう。

●過去の販売額
芝生の有料席(ペア)
6,000円
去年はエアークッション付きでしたので今年もつくと思いますので
メイン会場の前の方の席は前日くらいから場所がもう取られている可能性が高く、
せっかく早く行っても後ろのほうからしか見れなくなってしまうかもしれないので、
6,000円は安いほうかと思います。
メイン会場の椅子席が9、000円でした。
国立大ホール前会場が2名から5名席で15、000円
特別観覧席
ペアで60、000円!とかなり高額です!

ゆっくりクルージングでの花火も良いですね!

ゆっくりクルージングでの花火も良いですね!



横浜港と花火が楽しめるクルージングも毎年あるのですが、
毎年人気の為すぐに完売してしまうので申し込む際は要チェックした方がいいでしょう。
<時間>
集合が18:00
出航が18:30
花火の間の時間はもちろん、
20:00帰港です。

フリードリンクで軽食付き。
料金は、
大人:7,000円
小学生:3,500円
未就学児:大人2名に大志て1人まで無料。
こちらはカップルでも家族でも楽しめます。
かなりの特等席になる事間違いないので人気なのも頷けます。

【オークション】
このやり方はルール上では禁止されていたり、あまりお勧めできる方法ではないのですが、とにかくいくらかけても良いから有料席という方がいましたら、過去ですとオークションで入手される方もいるようですので、あくまで自己責任となりますが、

時間などに余裕のある方はホテルという手もあります。
誰にも邪魔されずにゆったりと花火が楽しめます。
花火が観れるホテルはいくつかあります。
●横浜ロイヤルパークホテル
●リッチモンドホテル横浜馬車道
こちらは赤レンガ倉庫など近いので観光がてら色んな場所に行きたい方におススメです!
他にもありますが、
横浜開港祭の次期はやはり込みますので
予約状況の確認をしておくと良いと思います。

ちなみに雨天決行なので多少の雨ならば決行するので、
その日の天気を見て、
急な雨などの為に雨具なども用意があった方が良いです。

<横浜公園でバザー>
毎年恒例のイベントとなっているので今年も開催されると思います。
横浜スタジアムの周りに縁日コーナーや洋服など色んな者が安く売られています。
散歩しながら楽しんでみてもいいですね!

<まとめ>
もちろん花火もみどころですが、
色んなマリンイベントなど昼間は大道芸などで賑わうので
昼間から行くのがおすすめです。
関東で一番早い花火で一足早い夏を感じてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

Sponsored Link


もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ジャパンポップカルチャー最前線

この記事へのコメント

ジャパンポップカルチャー最前線 TOP » イベント » 横浜開港祭2016の花火の有料席チケットは?無料の場所取りは?