進撃の巨人!獣の巨人の正体はエレンやグリシャの血筋? | ジャパンポップカルチャー最前線

Sponsored Link

進撃の巨人!獣の巨人の正体はエレンやグリシャの血筋?

獣の巨人の正体はエレンやグリシャと血縁関係あり!?

獣の巨人の正体はエレンやグリシャと血縁関係あり!?



人類の大半を食べてしまい、
残された人々を壁の中にまで追い込んだ巨人たち。
人類にとって、
唯一無二の天敵ともいえる巨人達。
この巨人も現在はざっくり4種類登場しています。
・通常種
・奇行種
・知性を持ち合わせた巨人
・獣の巨人
今回はその中でも、獣の巨人の
真の正体はいったい何か?
に迫りたいと思います。
本記事のトピック
1.獣の巨人とは
2.獣の巨人の中身は?
3.エレンやグリシャの血筋?
Sponsored Link

1.獣の巨人とは

獣の巨人の見た目は人間というよりも猿に近い!

獣の巨人の見た目は人間というよりも猿に近い!



獣の巨人の初登場は第34話の最後のシーン、
ウォール・ローゼ内に突如、
通常種(奇行種も?)を連れ立って、
登場しています。

詳細な登場は第35話ですが、
公式ガイドブックでは、
第34話で登場と言う事になっていますので、
おそらく第34話の最後のシーンで、
奥の方に描かれているのが獣の巨人でしょう。

■特徴1:全身体毛で猿の様?

獣の巨人はそれまでの巨人と明確な違いが
いくつか存在しますが、
その1つが全身が体毛で
おおわれていることでしょう。

通常の巨人は、人間の裸体に近い見た目ですが、
獣の巨人は全身体毛で、
人間というよりは、猿に近い感じです。

■特徴2:言葉を駆使して巨人に指令を出せる

獣の巨人のもう1つの特徴として、
人の言葉が操れるという事でしょう。

獣の巨人は言葉を使って意思疎通が可能!

獣の巨人は言葉を使って意思疎通が可能!



人の言葉が操れる巨人は
・5巻特別篇に出てくる
調査兵団イルゼ・ラングナーを喰った巨人
・第38話に出てくる
コニーの母親と思われる巨人
…等が出てきますが、

獣の巨人に至っては、
言葉を用いた意思疎通が可能のようです。
調査兵団のコニーとも、
言葉を用いて会話していましたよね。
しかも立体起動装置に対して、
興味まで示している知性を持ち合わせています。

またこの時は、
他の通常種の巨人に対して、
言葉で命令をしている様子も伺えます。

なぜ巨人は獣の巨人の命令に従うのか?
については、以下の記事が詳しいです!

■特徴3:手足が長く、動きも機敏

獣の巨人とそれ以外の巨人(&ミカサ)との比較図

獣の巨人とそれ以外の巨人(&ミカサ)との比較図



獣の巨人の体調は17mと、
エレンの巨人(15m)や
鎧の巨人(15m)と比べても、
やや大きいことがわかります。

また公式ガイドブックを
ご覧になった方もお分かりかと思いますが、
手足が他の巨人と比べて、
長いことが特徴です。
人間と言うよりも、
オラウータンやチンパンジーに近い
というイメージになります。

その手足を使って
・ミケの馬を掴んで投げる
・ウォール・ローゼの壁をよじ登る
等の、通常種の巨人では、
到底考えられない能力を発揮します。

■特徴4:人間を巨人にする?

第46話において、ユミルが
「その猿って「獣」の巨人が
今回の騒ぎの元凶だよ」
「壁のカナに巨人を発生させたんだ
目的は威力偵察ってところかな」
と語っていること。
またコニーの母親が
巨人化されていそうだと言うこと。
また行方不明とされている
コニーの故郷ラガコ村の人数と、
ウォール・ローゼ内で討伐された、
巨人の数とが一致したこと。

これらの事から考えられるのは、
獣の巨人は、人間を巨人化させる
能力を保有すると言う事です。

つまり巨人を作り出し、
その巨人に言葉で命令できるわけです。
まるで戦争の司令官のようですね

巨人は戦争兵器?についての考察はコチラ

2.獣の巨人の中身は?

獣の巨人の中の人!今後の物語のカギを握っています!

獣の巨人の中の人!今後の物語のカギを握っています!



獣の巨人の中身が、
第70話で登場します。
進撃の巨人展でも登場した、
今後の物語進行のカギを握る人物
がこの人だと考えられます。

この時はライナーと戦っている
描写もあることから、
ライナーとベルトルトの間にあるような、
仲間のような関係では無いようです。

・その見た目
・白髪(※民族的なものでなければ)
からどれだけ若くても、
50歳代以上という印象を受けました。
ただこの人物は誰なのでしょうか?

3.エレンやグリシャの血筋?

編集長も
「進撃の巨人展」に実際に行きました。
この時初めてこの獣の巨人の中身である、
人物を見ましたが、

「えっ、グリシャ?」
「生きてたの?」
という印象がありました。
ここから考えられる仮説は、
獣の巨人の中身とグリシャは、
血縁関係があるのではないか?と言う事です。

※ここからはコミック未掲載の
ネタバレも含みますので、ご注意ください。
……

グリシャは第71話の、
キース・シャーディス教官の話から、
壁の外の出身の可能性があることが、
分かりました。
つまり元々は人類に対する組織に
属していた可能性があると言う事です。
獣の巨人も人類とは異なる組織にいましたので、
このことからまず関係はありそうと
仮説を立てました。

獣の巨人の中の人間はグリシャそっくり?

獣の巨人の中の人間はグリシャそっくり?



またグリシャとこの獣の巨人の中身の
人間の顔はとても似ていますよね?
しかもグリシャよりも年上に見えます。
・グリシャの兄(エレンにとっての伯父)
・グリシャの父(エレンにとっての祖父)
という可能性は無いでしょうか?

但し進撃の巨人では、
登場人物通しの顔が似ているのは、
しばしばあることですので、
※個人的にキース・シャーディス教官が、
久しぶりに回想で登場した時は、
ピクシス司令?と誤解したこともあります。
なのでこれも真相は定かではありません。
いずれにせよ、
今後の進撃の巨人によって、
これらの謎も解消されていくことでしょう。
こうご期待ですね。

Sponsored Link

Sponsored Link


もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ジャパンポップカルチャー最前線

この記事へのコメント

ジャパンポップカルチャー最前線 TOP » 進撃の巨人 » 進撃の巨人!獣の巨人の正体はエレンやグリシャの血筋?