進撃の巨人81話ネタバレ予想!リヴァイと獣の巨人との決着は? | ジャパンポップカルチャー最前線

Sponsored Link

進撃の巨人81話ネタバレ予想!リヴァイと獣の巨人との決着は?

81話では、超大型巨人との決着はつくのでしょうか?

81話では、超大型巨人との決着はつくのでしょうか?



別冊少年マガジンで連載中の進撃の巨人
4/9(土)に5月号が発売され、最新話(80話:名も無き兵士)も掲載されていましたよね。
調査兵団は超大型巨人、獣の巨人の攻撃によってもはや壊滅寸前のギリギリの状態に追い込まれます。そんな状況でエルヴィンはある決意をして行動することで終了します。個人的には
・超大型巨人に成す術なし
・鎧の巨人が復活!?
・エルヴィンの決意
・獣の巨人を奇襲?
等、今回はとても先の気になる内容でした。
今回はと80話をまとめて整理し、次回最新話(81話)ネタバレ予想をしていきます。。

Sponsored Link

80話「名も無き兵士」のおさらい

80話では超大型巨人の蒸気に苦しめられました!

80話では超大型巨人の蒸気に苦しめられました!



進撃の巨人80話「名も無き兵士」は、超大型巨人によって壁の上に蹴り上げられ、のびてしまった巨人化エレンのコマから物語がスタートします。巨人化エレンは15m級の大きさを誇ります。そんな巨体を軽々蹴り上げるのですから、超大型巨人の圧倒的破壊力は桁外れです。アルミン、ミカサを始めとするリヴァイ班のメンバー達も形成を逆転すべく、新兵器『雷槍(らいそう)』を使った攻撃を仕掛けますが、
超大型巨人の高熱蒸気攻撃に返ってダメージを食らいます。まさに絶体絶命の状況に追い込まれてしまいました。
そんな80話を3つのトピックから振り返っていきましょう。

■80話おさらい1:鎧の巨人が復活!?

エレンによってやられた鎧の巨人がなんと復活します!

エレンによってやられた鎧の巨人がなんと復活します!



自信喪失してしまったアルミンの指示が無いまま、エレンが超大型巨人の蹴り攻撃によりダウン。間髪入れずミカサ、ジャン、コニー、サシャは超大型巨人への攻撃を加え続けます
しかし超大型巨人の強力な武器「高熱蒸気」によってダメージを受けてしまいます。そんな時間を稼ぎ続けますが、アルミンはまだ反撃の策を考え就くことができません。そんな最悪な状況は更に悪化し、絶望的な状況になります。なんと鎧の巨人が復活したのです。
巨人化エレンは完全にのびてしまっていて、戦闘に参加できない状況。そしていい策を思いつかない指揮官アルミン、ダメージを追ったリヴァイ班メンバー達。正に絶体絶命です。おそらく指揮官アルミンの策によってこの状況は打開するかと思いますが(打開すると思いたい)、自信を完全喪失したアルミンはいつ復活出来るのでしょうか?

■80話おさらい2:エルヴィンの決意

エルヴィンの鬼気迫る言葉に新兵は覚悟を決めます!

エルヴィンの鬼気迫る言葉に新兵は覚悟を決めます!



一方場面は変わって、内門の調査兵団達のシーンになります。ピッチャー獣の巨人の攻撃に対して、反撃の術がないのなら、巨人化エレンを利用して逃げろというリヴァイ。少しでも生存者を残すための判断でした。リヴァイ自身は獣の巨人を引き付ける囮になるとエルヴィンに提案します。そこまでしても誰も生きて帰れないとエルヴィンは考えていました。しかしエルヴィンはそんな提案を無視して黙り続けています。なんとエルヴィンは反撃の手段を持ち合わせていたのでした。上手くいけばリヴァイが獣の巨人を仕留めることができる策。しかしそれは「新兵の命」そして「エルヴィンの命」と引き換えの奥の手だったのです。黙り続けていたのはもちろん、地下室の秘密を知ることができなくなるから。あれだけ追い求めた人類の秘密を知らないまま死ぬことになるからでした。しかしそんな思いも死んでいった仲間達の意思によって揺らぎ、そしてリヴァイの「夢を諦めて、死んでくれ」という言葉によって覚悟を決めるのでした。覚悟を決めた時のエルヴィンは晴れやかな顔でしたね。

■80話おさらい3:獣の巨人を奇襲

獣の巨人とリヴァイ兵士長との戦いの行方は?

獣の巨人とリヴァイ兵士長との戦いの行方は?



死を覚悟したエルヴィン。そんなエルヴィンが思いついた策は
1.エルヴィン率いる新兵の騎馬隊による特攻
2.特攻に連続して、獣の巨人の投石タイミングを計り信炎弾を放つ
※信炎弾は投石による命中を少しでも下げる為です
3.特攻兵達が囮になっている間、リヴァイが獣の巨人に近づく
※近づき方は内門を囲んで立つ巨人を立体起動装置で忍び寄るやり方です。
4.そして獣の巨人を受け取る
という作戦でした。囮になるにはある程度敵から視認できる集団である必要がある為、新兵を囮にするしかない。新兵に死んでくれと命令するには、まず団長である自分が先頭に立って隊を率いるしかない。その為エルヴィンは死ぬことを覚悟したわけです。

新兵を説得するエルヴィンの言葉は、トロスト区奪還作戦で演説をした駐屯兵段司令官ドット・ピクシスを彷彿させる、魂がこもった言葉でした。「あの兵士(死んだ仲間)に意味を与えるのは我々だ!!」「我々はここで死に、次の生者に意味を託す!」人類の秘密を誰よりも知りたいと思ったエルヴィンだからこそいえる言葉です。そんな囮の戦士たちを横目に、確実に獣の巨人に近寄るリヴァイ。果たして獣の巨人を仕留めることはできるのでしょうか?

最新話(81話)ネタバレ展開予想(トピック)

さて、絶体絶命な状態に追い込まれながらも、団長の捨て身の囮作戦で反撃の糸口をつかんだ調査兵団ですが、81話ではどんな戦いを見せるのでしょうか?ポイントは大きく4つの方向を予想しています。1つは獣の巨人との決着。そして他3つは超大型巨人との決着です。いずれかが81話で描かれるはずだと思っています。前回の予想では超大型巨人との戦いを予想しながら、場面が完全に内門の戦いに変わりましたので、今回も変わる可能性はありそうです。

1.リヴァイ vs. 獣の巨人(ジーク兵士長)
2.超大型巨人をアルミンの策で倒す
3.巨人化薬がいよいよ利用される
4.生きているハンジが超大型巨人討伐に加わる

それぞれ予想をしてきましょう。

■リヴァイ兵士長vs. 獣の巨人(ジーク戦士長)

リヴァイ兵士長とジーク戦士長の戦いはきっと激戦になるでしょう!

リヴァイ兵士長とジーク戦士長の戦いはきっと激戦になるでしょう!



エルヴィン発案の囮作戦もあり、リヴァイ兵士長内門を取り囲む巨人を使って確実に獣の巨人に近づいています。獣の巨人はジーク戦士長と言われているので、兵士長vs.戦士長の戦いがいよいよ見れるわけです。もちろんリヴァイ兵士長も人類最強ですが、相手の獣の巨人も知性と運動神経がどんな巨人よりもずば抜けていて、鎧の巨人にも勝てる力があります。いったいこの2人の戦いはどのようなものなのでしょうか?ここからは完全な予想になりますが、まず獣の巨人は油断しているため、奇襲自体は成功し致命傷を与えることはできると思います。しかしそこから獣の巨人の新の能力が発動して、リヴァイも追い込まれると考えています。しかしこのジーク戦士長とは何者なのでしょうか?

■超大型巨人はアルミンの策によって倒される?

アルミンの指揮官としての復活はいつになるのでしょう?

アルミンの指揮官としての復活はいつになるのでしょう?



シガンシナ地区におけるベルトルト扮する超大型巨人との戦いですが、超大型巨人に蹴りあてられてノックアウトした巨人化エレン、そして完全に自信を失った指揮官アルミン、こちらもとにかくピンチです。本当にまずい状況です。こんな状況を打開できるのはやはり、アルミンの策ではないでしょうか?超大型巨人を倒すまでに、こちらが予想する展開は以下の通りです。
・超大型巨人の攻撃が激化、仲間が死んでしまうか瀕死状態になる
・アルミンがそれを受けてようやく奮い立つ
・奮い立ったアルミンが「雷槍」を利用して倒す
まず超大型巨人の戦いですが、エレンがノックアウトしてしまった以上、残されたメンバーでなんとかするしかありません。(※というかライナー扮する鎧の巨人との戦いで、エレンは大分活躍しましたしね。ちょっと休みでも良いかもしれません。)しかし相手は物語の初頭に登場したあの超大型巨人です。アルミン達リヴァイ班メンバーも無傷では済まないでしょう。おそらく、アルミンに声をかけていた「ジャン」が、アルミンを守るか、今ノックアウトしているエレンを助けようとして、超大型巨人攻撃を受けてしまうのではないでしょうか?そして死んでしまうか、瀕死の状態になってしまうと思っています。1巻に登場する人物の大半は、物語終了までに死んでしまう。というのは作者が明言していることですので、この重要なタイミングで、仲間の誰かが死んでしまう事は大いにありえます。

そしてジャンの死亡(あるいは瀕死状態)を受けて、アルミンが奮い立つのではないでしょうか?改めて指揮官としての自分の甘さを再認識して、アルミンは超大型巨人討伐に向けて、全力を出そうと心に決めると考えています。そしてアルミンの考える策ですが、やはりここはライナー扮する鎧の巨人を倒す際に有効に機能した、新兵器雷槍を駆使するのではないでしょうか?雷槍は電気の力を利用した武器で、鎧の巨人のうなじの鎧(硬質化箇所)を破壊するに至っています。これが超大型巨人の戦いでも活躍すると思っています。

超大型巨人の場合はその体の大きさから、雷槍でを利用したとしても致命傷になるような破壊はできないと思います。但し電気の力を利用して、筋肉を一定時間止めることはできないでしょうか?元より人間の筋肉は、脳や脊髄から筋肉に送られる電気信号により、伸び縮みが調整されます。雷槍の電気により、超大型巨人の筋肉に流れる電気信号を部分的に過剰にして、 筋肉の収縮を麻痺させてしまうことは、出来ないでしょうか?筋肉を麻痺させる部分はもちろん足、その間に攻撃を仕掛けて、立っている状況を崩してしまうのです。そうすれば、調査兵団側が有利に勝負を進められそうです。こういうアルミンの頭脳戦が繰り広げられることに期待します。

巨人化薬エルヴィンが使用する?

巨人化の薬は誰が使うのでしょう?

巨人化の薬は誰が使うのでしょう?



80話では、エルヴィンの策によってエルヴィン率いる新兵軍が獣の巨人の囮となり、その間にリヴァイ兵士長が獣の巨人に忍び寄り奇襲をする作戦を取ろうとしています。但しあいては獣の巨人(ジーク戦士長)その戦いは激戦になりそうです。おそらく一撃で獣の巨人を倒せることはないでしょう。ではどうやって打開するのか。ポイントは現在リヴァイ兵士帳が保有している「巨人化の薬」だと予想しています。これが状況打開のきっかけになるかもしれません。では誰が使うのか。当サイトではまず可能性が高いと考えているのは、囮になっている団長エルヴィンその人だと思っています。
リヴァイはまだ負傷もしておらず、十分戦力となり得ます。では新米調査兵士かエルヴィンかと言うことになります。巨人化には、エレンがそうだったように巨人化して記憶をなくすリスクを伴います。また巨人として有利に戦うには、その戦いぶりを深く理解しておく必要があります。これらの事を加味すると、絶体絶命の調査団において、一番獣の巨人たちと有利に戦える方法は、エルヴィンが巨人化の薬を使い、巨人化して、獣の巨人達と対決する方法だと思います。囮となる事で死亡フラグも経ってしまっていますが、近くにいるリヴァイが薬を持っている事から、その可能性は高いと予想しています。

またその他の可能性としては、リヴァイが獣の巨人に打ち勝ち、巨人化の薬を保有したまま、リヴァイ班と合流すると、エルヴィン以外の可能性も考えられます。まず第72話の後半には、薬を使用する人物を決定できる、リヴァイ兵士長が、リヴァイ班のメンバーを振り返るシーンがあります。このシーンには意味は無いかもしれませんが、
薬を利用する相手は誰にするかを考えている、
とするとどうでしょうか?
もしかすると、巨人化の薬は、リヴァイ班の誰かが使う伏線ではないでしょうか?

私個人的な予想では、消去法になりますが、「コニー」「サシャ」が候補として、 可能性が高いと思っています。

・リヴァイ本人、ミカサ
→巨人化能力は、人体再生の力がある為、
致命傷を負った人物が使われると想定すると、
1兵士として戦力に優れている
この2名は可能性が低いと考えました。

・アルミン
→アルミンは前の2名に比べて、
戦いで致命傷を負う可能性は高そうです。
しかし頭脳戦が得意で、戦術士官として
の役割がありそうです。
軍師ですので、本人が直接戦闘に関わる可能性は
低いと考えますので、巨人化の可能性も低そうです。

・ジャン
→ジャンは一番客観的に物事を捉えていて、
実は一番人間臭いのがジャンだと思っています。
公式ガイドブックの紹介でも、
「指揮官向き」と紹介されていることから、
巨人化できない他の調査兵団をまとめる役割
今後与えられそうなことから、
巨人化の可能性は低いのではないでしょうか?

☆コニーの可能性

コニーは巨人になって爆発的な成長を遂げる?

コニーは巨人になって爆発的な成長を遂げる?



コニーの特徴は、
1.小柄な体格
2.素早さ
になります。この特徴は巨人に変化した場合も、
存分に発揮できるのではないでしょうか?

それに加えて何より、
自分の母親や家族が巨人化されている
可能性が作中で示唆されており、
巨人化のフラグとは考えられないでしょうか?

また公式ガイドブックでは
「兵士としての成長には時間がかかる」
とも書かれている為、
巨人化することで他リヴァイ班のメンバーにも
匹敵する爆発的な成長をとげるのかも、
しれません。

☆サシャの可能性

芋女サシャは巨人になるのか?

芋女サシャは巨人になるのか?



サシャの特徴はなんといっても
1.型破り+素早い行動
2.食への貪欲さ
この2つがあります。
ある意味奇行種に対抗できそうな特技です。
食べるというのも、少し巨人に近いですしね。

可能性は全然低いですが、
巨人を食べることで、
自分が回復するという
機能や能力が備わっていると、
もっと面白いですよね。

この世の真実が明らかになる瞬間には、
私が立ち会わなければならない」というエルヴィンの言葉がありますが、
その機会は、エルヴィンその人が巨人化の薬力を、
駆使して作り出されるようですね。

■ハンジ達は無事なのか?

実写版のようにハンジは華麗に(?)復活する?

実写版のようにハンジは華麗に(?)復活する?



また78話より引き続き疑問になるのは、超大型の巨人化したベルトルトの、爆風に巻き込まれたハンジ達ははたして無事なのか?という疑問になります。ハンジは自身の副長モブリット・バーナーと共に、爆発の光に包まれる様子が映っています。

進撃の巨人の登場人物(※特に1巻にでている人物)はほとんどが死んでしまうと、作者自身も公言していますが、ちょっとハンジさんが殉職されるには早すぎる気がします。ここはウォール・ローゼで超大型巨人と鎧の巨人と交戦するも、敗北し重傷を負うモブリット・バーナー副長が、ハンジをかばっているのではないでしょうか?78話のシーンでも「ハンジさー」っと言っていることから、彼がかばっている可能性は濃厚だと思っています。というよりもあれだけ濃いキャラを、そうそう殺すことはないと思うのです。なので、ハンジは生きている。と仮説をたてました。映画でも石原さとみ演じるハンジは、何があってもしぶとく生きていましね。

そしてハンジは生きていて、前述のアルミンの策に協力。歩けなくなり、転倒した超大型巨人に対して、何らかの攻撃を加えてくれるのではないでしょうか?やはりハンジの登場はあってほしいですね。ハンジは死亡?について詳しく知りたい方はコチラ
ハンジは死亡していない?

■まとめ

2016年4月9日発売別冊少年マガジン5月号で、進撃の巨人最新話(80話)が掲載。ストーリーとしては、超大型巨人と戦うリヴァイ班は高熱蒸気攻撃もあり、引き続き劣勢な状態。一方内門の調査兵団はもはや絶体絶命。リヴァイでさえ生きて戻れないと諦めた程です。そんな中、団長エルヴィンが自らが囮となる事で獣の巨人をリヴァイが奇襲する作戦を発案。志半ばではあるものの、生者にその意思を託すことを決意して、獣の巨人に突撃します。獣の巨人との決着、巨人化の薬、雷槍、アルミンの軍師としての能力など、81話の展開が気になる方も多いかもしれません。気になる続きは2016年5月9日に発売予定の、別冊少年マガジン6月号に期待ですね。

Sponsored Link

Sponsored Link


もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ジャパンポップカルチャー最前線

この記事へのコメント

ジャパンポップカルチャー最前線 TOP » 進撃の巨人 » 進撃の巨人81話ネタバレ予想!リヴァイと獣の巨人との決着は?