進撃の巨人82話ネタバレ予想!超大型巨人はアルミンが倒す? | ジャパンポップカルチャー最前線

Sponsored Link

進撃の巨人82話ネタバレ予想!超大型巨人はアルミンが倒す?

81話ではリヴァイが大活躍する?

81話ではリヴァイが大活躍する?



別冊少年マガジンで連載中の進撃の巨人。
5/9(月)に6月号が発売され、最新話(81話:約束)も掲載されていましたよね。
5/9(月)以降に81話をまとめて整理し、次回最新話(82話)のネタバレ予想をしていきます。。
それまでこうご期待です。
Sponsored Link


■81話「約束」のおさらい
※まだ別冊マガジン発売前の段階ですので、前回の81話予想を掲載しておきます。

■リヴァイ兵士長vs. 獣の巨人(ジーク戦士長)
エルヴィン発案の囮作戦もあり、リヴァイ兵士長は内門を取り囲む巨人を使って確実に獣の巨人に近づいています。獣の巨人はジーク戦士長と言われているので、兵士長vs.戦士長の戦いがいよいよ見れるわけです。もちろんリヴァイ兵士長も人類最強ですが、相手の獣の巨人も知性と運動神経がどんな巨人よりもずば抜けていて、鎧の巨人にも勝てる力があります。いったいこの2人の戦いはどのようなものなのでしょうか?ここからは完全な予想になりますが、まず獣の巨人は油断しているため、奇襲自体は成功し致命傷を与えることはできると思います。しかしそこから獣の巨人の新の能力が発動して、リヴァイも追い込まれると考えています。しかしこのジーク戦士長とは何者なのでしょうか?

■超大型巨人はアルミンの策によって倒される?
アルミンの指揮官としての復活はいつになるのでしょう?
シガンシナ地区におけるベルトルト扮する超大型巨人との戦いですが、超大型巨人に蹴りあてられてノックアウトした巨人化エレン、そして完全に自信を失った指揮官アルミン、こちらもとにかくピンチです。本当にまずい状況です。こんな状況を打開できるのはやはり、アルミンの策ではないでしょうか?超大型巨人を倒すまでに、こちらが予想する展開は以下の通りです。
・超大型巨人の攻撃が激化、仲間が死んでしまうか瀕死状態になる
・アルミンがそれを受けてようやく奮い立つ
・奮い立ったアルミンが「雷槍」を利用して倒す
まず超大型巨人の戦いですが、エレンがノックアウトしてしまった以上、残されたメンバーでなんとかするしかありません。(※というかライナー扮する鎧の巨人との戦いで、エレンは大分活躍しましたしね。ちょっと休みでも良いかもしれません。)しかし相手は物語の初頭に登場したあの超大型巨人です。アルミン達リヴァイ班メンバーも無傷では済まないでしょう。おそらく、アルミンに声をかけていた「ジャン」が、アルミンを守るか、今ノックアウトしているエレンを助けようとして、超大型巨人攻撃を受けてしまうのではないでしょうか?そして死んでしまうか、瀕死の状態になってしまうと思っています。1巻に登場する人物の大半は、物語終了までに死んでしまう。というのは作者が明言していることですので、この重要なタイミングで、仲間の誰かが死んでしまう事は大いにありえます。

そしてジャンの死亡(あるいは瀕死状態)を受けて、アルミンが奮い立つのではないでしょうか?改めて指揮官としての自分の甘さを再認識して、アルミンは超大型巨人討伐に向けて、全力を出そうと心に決めると考えています。そしてアルミンの考える策ですが、やはりここはライナー扮する鎧の巨人を倒す際に有効に機能した、新兵器雷槍を駆使するのではないでしょうか?雷槍は電気の力を利用した武器で、鎧の巨人のうなじの鎧(硬質化箇所)を破壊するに至っています。これが超大型巨人の戦いでも活躍すると思っています。

超大型巨人の場合はその体の大きさから、雷槍でを利用したとしても致命傷になるような破壊はできないと思います。但し電気の力を利用して、筋肉を一定時間止めることはできないでしょうか?元より人間の筋肉は、脳や脊髄から筋肉に送られる電気信号により、伸び縮みが調整されます。雷槍の電気により、超大型巨人の筋肉に流れる電気信号を部分的に過剰にして、 筋肉の収縮を麻痺させてしまうことは、出来ないでしょうか?筋肉を麻痺させる部分はもちろん足、その間に攻撃を仕掛けて、立っている状況を崩してしまうのです。そうすれば、調査兵団側が有利に勝負を進められそうです。こういうアルミンの頭脳戦が繰り広げられることに期待します。

■巨人化薬はエルヴィンが使用する?
80話では、エルヴィンの策によってエルヴィン率いる新兵軍が獣の巨人の囮となり、その間にリヴァイ兵士長が獣の巨人に忍び寄り奇襲をする作戦を取ろうとしています。但しあいては獣の巨人(ジーク戦士長)その戦いは激戦になりそうです。おそらく一撃で獣の巨人を倒せることはないでしょう。ではどうやって打開するのか。ポイントは現在リヴァイ兵士帳が保有している「巨人化の薬」だと予想しています。これが状況打開のきっかけになるかもしれません。では誰が使うのか。当サイトではまず可能性が高いと考えているのは、囮になっている団長エルヴィンその人だと思っています。
リヴァイはまだ負傷もしておらず、十分戦力となり得ます。では新米調査兵士かエルヴィンかと言うことになります。巨人化には、エレンがそうだったように巨人化して記憶をなくすリスクを伴います。また巨人として有利に戦うには、その戦いぶりを深く理解しておく必要があります。これらの事を加味すると、絶体絶命の調査団において、一番獣の巨人たちと有利に戦える方法は、エルヴィンが巨人化の薬を使い、巨人化して、獣の巨人達と対決する方法だと思います。囮となる事で死亡フラグも経ってしまっていますが、近くにいるリヴァイが薬を持っている事から、その可能性は高いと予想しています。

またその他の可能性としては、リヴァイが獣の巨人に打ち勝ち、巨人化の薬を保有したまま、リヴァイ班と合流すると、エルヴィン以外の可能性も考えられます。まず第72話の後半には、薬を使用する人物を決定できる、リヴァイ兵士長が、リヴァイ班のメンバーを振り返るシーンがあります。このシーンには意味は無いかもしれませんが、
薬を利用する相手は誰にするかを考えている、
とするとどうでしょうか?
もしかすると、巨人化の薬は、リヴァイ班の誰かが使う伏線ではないでしょうか?

私個人的な予想では、消去法になりますが、「コニー」「サシャ」が候補として、 可能性が高いと思っています。

・リヴァイ本人、ミカサ
→巨人化能力は、人体再生の力がある為、
致命傷を負った人物が使われると想定すると、
1兵士として戦力に優れている
この2名は可能性が低いと考えました。

・アルミン
→アルミンは前の2名に比べて、
戦いで致命傷を負う可能性は高そうです。
しかし頭脳戦が得意で、戦術士官として
の役割がありそうです。
軍師ですので、本人が直接戦闘に関わる可能性は
低いと考えますので、巨人化の可能性も低そうです。

・ジャン
→ジャンは一番客観的に物事を捉えていて、
実は一番人間臭いのがジャンだと思っています。
公式ガイドブックの紹介でも、
「指揮官向き」と紹介されていることから、
巨人化できない他の調査兵団をまとめる役割が
今後与えられそうなことから、
巨人化の可能性は低いのではないでしょうか?

☆コニーの可能性
コニーの特徴は、
1.小柄な体格
2.素早さ
になります。この特徴は巨人に変化した場合も、
存分に発揮できるのではないでしょうか?

それに加えて何より、
自分の母親や家族が巨人化されている
可能性が作中で示唆されており、
巨人化のフラグとは考えられないでしょうか?

また公式ガイドブックでは
「兵士としての成長には時間がかかる」
とも書かれている為、
巨人化することで他リヴァイ班のメンバーにも
匹敵する爆発的な成長をとげるのかも、
しれません。

☆サシャの可能性
サシャの特徴はなんといっても
1.型破り+素早い行動
2.食への貪欲さ
この2つがあります。
ある意味奇行種に対抗できそうな特技です。
食べるというのも、少し巨人に近いですしね。

可能性は全然低いですが、
巨人を食べることで、
自分が回復するという
機能や能力が備わっていると、
もっと面白いですよね。

「この世の真実が明らかになる瞬間には、
私が立ち会わなければならない」というエルヴィンの言葉がありますが、
その機会は、エルヴィンその人が巨人化の薬力を、
駆使して作り出されるようですね。

■81話おさらい:獣の巨人を奇襲

■最新話(82話)のネタバレ展開予想(トピック)

■まとめ

Sponsored Link

Sponsored Link


もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ジャパンポップカルチャー最前線

この記事へのコメント

ジャパンポップカルチャー最前線 TOP » 進撃の巨人 » 進撃の巨人82話ネタバレ予想!超大型巨人はアルミンが倒す?